紀南発信いつどこナビ


那智山青岸渡寺/本堂

コンテンツ番号:10115

那智山青岸渡寺/本堂
西国三十三所の第一番札所として有名で、4世紀、熊野の浦に漂着したインドの裸形上人が庵を結んだことに始まります。如意輪観世音菩薩を祀る青岸渡寺の現在の本堂は、天正18年(1590年)に豊臣秀吉が再建したもので、国の重要文化財に指定されています。
--よみかた--
青岸渡寺(せいがんとじ)
裸形上人(らぎょうしょうにん)

音声で聞く

宮司・住職による動画案内


那智山青岸渡寺一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県