紀南発信いつどこナビ


小栗判官 力石

コンテンツ番号:10562

小栗判官 力石
今から五百年余り前、小栗判官は照手姫と恋に落ち、父の許しを得ず婿入りしたため毒殺されます。照手姫も川に流され苦行の日々を送ることとなりました。小栗判官は閻魔大王の計らいで餓鬼の姿でこの世に戻され、再び照手姫と出会い、彼女の愛と道中多くの人の情けで湯の峰に辿り着き熊野権現の加護と薬湯で元の小栗判官の姿に回復します。

小栗が湯治の間、体力の回復を試すために持ち上げた大小の石を人々は「力石」とよんでいます。
住所――
田辺市本宮町湯峯
アクセス――
「湯峰温泉」下車、徒歩10分 R311沿い.田辺から湯の峰直前までは片側1車線ずつのきれいな道。最後数kmほどは細い山道になる。
問合せ――
TEL:0735-42-0735
MAIL:toiawase@hongu.jp
(熊野本宮観光協会)

音声で聞く


本宮:史跡一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県