紀南発信いつどこナビ


野長瀬晩花の生家

コンテンツ番号:10594

佐野王子跡
野長瀬晩花は田辺市中辺路町近露に生まれました。14歳で大阪に出て中川蘆月塾に入門し、蘆秋の号を受けました。その後明治40年京都の谷口香嶠に学び、明治42年京都市立絵画専門学校第一期生として入学し、晩花と号しました。明治44年「被布着たる少女」で京都画壇でデビュー。大正7年土田麦僊らと国画創作協会を創立し、画壇に新風を起こしました。第六回国画創作協会展に「海近き町の舞妓」を出品後は、公募展に出品せず孤高の道を歩みました。度々当時の満州方面へスケッチ旅行に出かけ、昭和11年には「北満國境線を畫く」を出版。昭和21年信州の文化人たちと白炎社を結成、地方の芸術活動に貢献しました


中辺路:史跡と自然一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県