紀南発信いつどこナビ


三体月観賞地

コンテンツ番号:10600

三体月観賞地
中辺路では、旧暦11月23日に昇る月が三体に見えるという伝承がありり、高尾山や、上多和(うわだわ:熊野古道・悪四郎山を越えた所)、要害森山(ようがいのもりやま:口熊野と奥熊野の境界であった三越峠の南にそびえる)で、人々は山中で月待ち行事を行いました。この月は三体となって東方に昇り1時間ほどを経て一体にまとまるといわれています。例年、この伝説にちなんで観月会が上多和茶屋跡近くで開かれ、午前零時過ぎには修験者がほら貝を吹き、参加者とともに心経を唱え月の出を待ちます。
住所――
和歌山県田辺市中辺路町近露地区
問合せ――
TEL:0739-64-1470
(中辺路町観光協会)

音声で聞く


中辺路:芸術・アウトドア他一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県