紀南発信いつどこナビ


音の居(富田川)

コンテンツ番号:10601

音の居(富田川)
富田川南岸の谷の中間に見える木製モニュメントです。これはスペイン在住の音響彫刻家増田感氏制作によるもので、1997年4月5日に熊野古道音の径創作実行委員会や地元の人により設置されました。自然の風で音を鳴らすこの音響彫刻は、熊野の持つ神秘性、自然との共生などを表現していると言われています。鳥居をイメージした朱色は、熊野三山への入り口であることを印象付けています。
住所――
和歌山県田辺市中辺路町真砂地区
アクセス――
「真砂」下車
問合せ――
TEL:0739-64-1470
(中辺路町観光協会)

音声で聞く


中辺路:芸術・アウトドア他一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県