紀南発信いつどこナビ


熊野速玉大社のナギの木

コンテンツ番号:10606

熊野速玉大社のナギの木
ナギの木は、熊野権現の御神木で、その葉を笠などにかざすことで魔除けになり、帰りの道中を守もってくれるものと信じられていました。ナギはマキ科に属する針葉樹でありながら、広葉樹のような幅の広い葉をもつ樹木です。縦に細い平行脈が多数あって、主脈がありません。その一風変わった構造のため、ナギの葉は、縦には簡単に裂くことができますが、横には枯れ葉でもちぎることができません。ナギにはコゾウナカセ、チカラシバなどの別名があり、その丈夫さにあやかって男女の縁が切れないようにと女性が葉を鏡の裏に入れる風習があったそうです。
住所――
新宮市新宮1番地
アクセス――
「権現前」下車
問合せ――
TEL:0735-23-3333
(新宮市商工観光課)

音声で聞く


熊野速玉大社一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県