紀南発信いつどこナビ


神倉神社の「下馬」標石

コンテンツ番号:10617

神倉神社の「下馬」標石
「下馬」標石はここで乗り物を降りるように表示した石柱です。標石には、寛文12年(1672年)奥州(現・東北地方)の大銀与兵衛盛道が、熊野三山に七度参詣した記念に寄進したとの趣旨が刻まれています。高さ1,59m、幅43cm、厚さ17cmの石柱です。
住所――
新宮市新宮1887番地
問合せ――
TEL:0735-23-3333
(新宮市商工観光課)

音声で聞く


神倉神社一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県