紀南発信いつどこナビ


中上健次の墓所

コンテンツ番号:10640

中上健次の墓所
昭和21年(1946年)新宮市に生まれた中上健二は、新宮を舞台にした血縁・地縁の物語『岬』で第74回芥川賞を受賞しました。熊野をうたった独自の物語の世界が展開され、代表作に『枯木灘』『千年の愉楽』『奇蹟』などたくさんあります。熊野をこよなく愛した彼は、新宮市内の南谷に眠っています。墓地には熱心な読者が今でも多く訪れ、花が絶えません。墓石に刻まれた文字は、彼の自筆です。
住所――
新宮市南谷 南谷墓地内
問合せ――
TEL:0735-22-2840
(新宮市観光協会)

音声で聞く


新宮:史跡など2一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県