紀南発信いつどこナビ


高原熊野神社

コンテンツ番号:10689

高原熊野神社
高原地区の産土神である熊野神社は、高原王子権現とも呼ばれ、熊野九十九王子には入っていませんが、古道に沿う歴史のある神社で、応永10年(1403年)の銘のある懸仏がまつられていることでも知られています。 桧皮葺の建物は室町時代の様式を伝えていて熊野参詣道のなかで最も古い建物だといわれています。 境内にある、楠は、樹齢1000年ほどと言われ、神社の歴史を物語っているように見えます。
住所――
和歌山県田辺市中辺路町高原地区
アクセス――
「栗栖川」下車 熊野古道・中辺路沿いにあり、不寝王子と大門王子との間
問合せ――
TEL:0739-64-1470
(中辺路町観光協会)


熊野古道(滝尻〜十丈)一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県