紀南発信いつどこナビ


クヌッセン顕彰碑

コンテンツ番号:10804

クヌッセン顕彰碑
1957年(昭和32年)2月、風速20mという厳冬の嵐が吹き荒れる日ノ御崎灯台の沖で、日本船籍が火災を起こしているのを発見したデンマーク人ヨハネス・クヌッセン機関長(当時39歳)は、接近し日本人船員を救助しようとしましたが、弱りきっていた日本人船員は厳冬の海に落ちてしまい、クヌッセン機関長は救助しようと厳冬の海に飛び込みました。
しかし翌日、日高町の海岸に水死体で発見されました。
この勇気をたたえ、日ノ御埼の地に顕彰碑と胸像が建てられました。
住所――
美浜町三尾(日ノ岬パーク内)
アクセス――
JR御坊駅から御坊南海バス「日の岬パーク」停
問合せ――
TEL:0738-62-2326
(日の岬パーク)

映像で見る


美浜町:史跡一覧へ
カテゴリ選択へ
トップページへ


English


(C)和歌山県